ミステリーショッパーとは、調査スタッフがお客様を装って来店し、店舗の清掃状況や、店員の接客態度まで観察するリサーチ手法です。

調査結果から、店舗の実態を知ることができるだけでなく、改善すべき課題を発見するきっかけにもなります。店舗ビジネスを発展させるために、とても役立つミステリーショッパーですが、調査にかかる費用はどの程度なんでしょうか。

見積もり項目と金額

このページでは、ミステリーショッパー(覆面調査)の相場感を知っていただくために情報を整理しました。店舗ビジネス経営者様や、店舗マネジャー様、マーケティング担当者様におすすめの記事です。

見積もり項目

マーケティングリサーチ会社にミステリーショッパー(覆面調査)を依頼すると、あまり見慣れない項目が記載された見積もりが届きます。ここでは、一般的な見積もり項目を解説します。

調査票設計費

マーケティングリサーチの目的を明らかにし、どのようなアウトプット(調査結果)が欲しいのかヒアリングを行います。ヒアリングをもとに仮説をつくり、調査票を設計するための費用です。

スクリーニング費

調査テーマの条件にあった調査スタッフを人選するための費用です。人選条件が複雑になると金額は高くなります。

実査費

実査とは、お客様を装い来店し、店舗の評価や接客態度の評価などをおこなうことです。調査スタッフに支払う報酬原価や移動手当、飲食などの実費から構成されます。

調査データの集計

調査結果をデータ化し、設問ごとに単純集計票を作成する費用です。複雑な分析作業が加わると金額は高くなります。

レポート作成

調査結果から得られた分析内容にコメントをつけ、レポート作成するための費用です。報告会の実施やより詳細なレポートになると費用が加算されます。

運営管理費

打ち合わせや、調査スタッフの管理などの費用です。一般的に調査費の総額10%が多いようです。

相場感

マーケティングリサーチ会社によってWebサイト上の料金表記はバラバラです。1店舗あたりの実査のみ表記する会社もありますが、実際には初期費用+実査+オプションというケースもあります。

調査テーマによってミステリーショッパー(覆面調査)の難易度が変わりますので、総額は見積もりを取るまでわからないのが実態です。

1店舗あたり2万円から5万円前後に落ち着きます。これは、昨今の人件費の向上や人手不足などの情勢などが反映されおり、調査スタッフへの支払報酬は年々高まっているように感じます。

また、費用に幅が出る理由として、お客様の課題によって調査難易度が異なるためです。

たとえば、「小学校低学年のお子様を同伴した飲食店の覆面調査」や「土日祝日限定で、60代の調査スタッフによる携帯ショップの覆面調査」など、調査スタッフの人選条件、調査時期などで費用は大きく変動します。

ドゥ・クリエーションなら1件5,000円(税抜)から

ドゥ・クリエーションでは、調査票の確定から、調査スタッフの人選、実査(覆面調査)管理、調査結果のデータ化、簡易レポートの作成まで実施します。

お客様には、調査結果のエクセルデータと、パワーポイント形式の簡易グラフ付レポートが納品されます。最大の特徴は、実査終了から集計データの作成までの期間が短いことです。簡易レポートも短期間で納品可能です。

1件5,000円(税抜)の覆面調査

ドゥ・クリエーションのライト調査なら選択式回答 30問まで5,000円(税抜)で、覆面調査が可能です。ライト調査は、覆面調査により接客の実態を素早く把握したい企業様にオススメのプランです。

ライト調査の場合、調査項目は、当社オリジナルフォーマットを使用し、納品物は、システム出力したローデータ及び簡易グラフです。さらに、記述式回答(オプション)は、不正回答が無いか事前にチェックします。店舗利用費・移動交通費・通信費に関しては、別途見積りです。

ドゥ・クリエーションの調査スタッフからターゲットユーザーの属性に近いスタッフをリクルーティングするので、利用者の声に限りなく近いマーケティングデータを入手できます。ミステリーショッパー(覆面調査)の料金を詳しく知りたいお客様は、下記より詳細ページをご覧ください。

サービス料金ドゥ・クリエーションのミステリーショッパー(覆面調査)を利用料金はこちらからご覧ください。